使用する目的によって分類することができまして、保湿にエイジングケアに美白といった3タイプに分けることができます。
自分がやりたいことは何なのかを明確にしてから、ドンピシャのものを選定することが大切です。
肌の潤いに欠かせない成分には2種類あり、水分と結合し、その状態を保持することで乾燥を防ぐ機能があるものと、肌をバリアして、刺激物質の侵入を防ぐ効果を持っているものがあるようです。 乾燥が相当ひどいという場合は、皮膚科の医師に保湿剤を処方してもらうのも良いかもしれません。
一般に売られている化粧水や美容液とは全然違う、効果の大きい保湿ができるのです。
たんぱく質とか脂質とか、栄養バランスを考えた食事とか質の良い睡眠、その他ストレスケアなども、シミやくすみの発生を抑制し美白に貢献しますので、肌が美しくなりたかったら、このうえなく重要なことであると言えます。 どんなことも「過ぎたるは及ばざるが如し」と言えましょう。
スキンケアについても、ついついやり過ぎてしまうと、かえって肌を痛めてしまいます。
自分にはどんな問題があってスキンケアをしているのかということを、ちゃんと覚えておくといいでしょう。